北測の一日

仕事の様子をイメージできるよう、先輩社員のある一日を以下に載せます。

北測の仕事は、山、川、建物などその対象は千差万別であるため、その日の作業も対象の違いに伴って日々変化があり、全く同じものはありません。そこが私どもの仕事の面白みでもありますし、やりがいでもあります。参考にしてみてください。

測 量

【測量技術者】

山・河川・住宅地などの測量をおこなって、地形図・縦横断図などの各種図面を作成します。

先輩社員A(測量部門所属)の

ある一日

7:25  
  顧客が要望した900からの境界確認に間に合うように早出の出社
 7:35  
 

車両に機材を積み込みチーム3人で現場へ出発

(運転手)

〜8:40

 
  現場に到着後、作業の準備
〜10:30  
 

境界の確認作業

(土地の権利者、隣接者の主張をもとに境界を確認)

〜12:00  
 

境界を測量する

(測量機器の担当)

〜13:00  
  昼食
 〜13:30  
 

引き続き、測量作業

〜14:30

 
  現場に到着後、作業の準備
〜10:30  
 

測量作業終了後、会社に戻る(運転手)

〜17:10  
 

本日の測量作業のデータを計算し、図面作成の前段階までは完了

〜17:30  
  明日の別現場の作業準備と、日報を入力後、退社

設 計

【土木設計の技術者】

道路や河川などの計画、設計をおこないます。

先輩社員B(設計部門所属)の

ある一日

7:45  
  出社、メールチェック
〜8:30  
 

顧客に求められた資料をメールで返信

〜10:00

 
 

午後からの打ち合わせで使用する資料を準備

〜12:00

 
 

担当している業務の数量計算をおこなう

〜13:00  
  昼食
 〜14:30  
 

引き続き、担当業務の数量計算

14:30

 
 

上司と一緒に顧客との打ち合わせに出かける

(運転手)

15:30  
 

顧客との打ち合わせ

(主たる説明は上司だが、資料の提示役)

〜16:15  
 

打ち合わせ終了

〜17:00  
 

会社へ戻る(運転手)帰社後メールチェック

〜18:10  
 

本日の打ち合わせ内容をまとめた記録簿を作成する

〜18:35  
 

明日の作業準備と、日報を入力後、退社

補 償

【建物移転補償の技術者】

公共工事で支障となる建築物等を調査し、その移転に必要となる経費(補償額)を求めます。

先輩社員B(設計部門所属)の

ある一日

7:50  
  出社
〜11:30  
 

建物A棟の平面図・立面図などをもとに壁等の仕上面積を算出

〜12:00

 
 

午後からの打ち合わせで使用する資料を準備

〜12:00

 
 

社内のチェック担当者から別建物B棟の数量間違いの指摘あり

〜13:00  
  昼食
 〜15:00  
 

別建物B棟の修正を急ぎでおこない、再チェックへ回す

〜15:30

 
 

顧客に納品する成果製本に必要な物品の購入を総務部門に依頼

〜18:50  
 

建物A棟の数量算出作業に戻る

〜19:00  
 

日報を入力後、退社