立山カルデラ砂防 現場見学

10月11日、南信防災情報協議会の研修会として、北陸地方整備局 立山砂防事務所の現場を見学してきました。

ここは大町~黒部ダム~富山を結ぶ立山黒部アルペンルートの西の起点となる立山に位置します。北アルプスから富山湾に流れ込む常願寺川の最上流域にある立山カルデラと呼ばれる崩壊地形の砂防現場です。

安政の大災害と呼ばれる1858年に富山平野を襲った土石流災害など、この地域の人々はこの常願寺川上流からもたらされる土砂災害にたびたび苦しんでいたそうです。昭和初期には砂防工事専用の軌道が完成し、写真のトロッコを使って人・資材を運んできました。今回は、このトロッコを利用して立山カルデラの内部に入って行きました。

ちなみに、このトロッコは数多くのスイッチバックで標高を上げていくのが特徴で、ネットでこの周辺の地形図を見ると、拡大の度合いによっては、まるで印刷ゴミのように見えるほど同じ斜面でのスイッチバックを繰り返しています。

立山カルデラの全容を一目で紹介できる写真は、航空写真でないと無理ですが、なんとかその浸食カルデラの雰囲気を理解してもらえるのがこの写真です。言葉で表現するのは難しいのですが、「風呂桶の縁の一部を水抜き用に一部切り欠いた地形」と言えるでしょうか。

みんなが説明を聞いている場所が立山カルデラの出口近辺で、遠くで雲がかかっている斜面がカルデラの外縁崖部です。その外縁崖が1858年に大崩壊してできたのが写真中央右の小山です。崩壊当時は小山どころか、この小山の高さまでカルデラ内部全体に崩壊土砂が溜まったそうです。崩れやすいこうした土砂が土石流となって災害を惹き起こしています。

立山砂防事務所では、こうした土砂を原因とした災害防止の工事を100年以上にわたり実施しているそうです。

続きを読む 0 コメント

南信防災情報協議会飯田国道技術研修会に参加しました。

南信防災情報協議会の飯田国道技術研修会に参加しました。午前中は役所の方を交えて、ドローンの初歩的な飛行訓練を行い、午後は三遠南信自動車道・飯喬道路の工事中の天竜峡大橋の見学をさせていただきました。鋼製アーチ橋としては全国6位の長さとなるそうで、とても長大な橋でした。名称天龍峡にかかる橋ということで、景観に溶け込むことや、植生の維持、発生石材の再利用など観光地としてとても気を使って設計・工事をしているそうです。またこの橋は自動車専用道路なのですが、桁下に歩道が設置されていました。紅葉がとても奇麗なところなので、開通の際は、ぜひ一度足を運んでみてはいかかでしょうか。

ちなみに歩道のフェンスの網目は一眼レフのレンズが通る大きさだそうです。

1 コメント

災害派遣実務研修会 空撮編

82日に南信防災情報協議会主催のUAV(ドローン)研修会に参加してきました。

今回の研修では、災害現場に派遣された時、どのようにUAVで撮影を行えばよいか、実地練習を通じて勉強してきました。

 

災害派遣経験者の方のレクチャーを受けた後、実際に災害現場に見立てた河原の撮影を行ってみました。

 

実際に撮影してみると焦りからか撮り忘れも多々ありましたが、災害現場における作業の流れは掴めてきたように感じました。

0 コメント

消火訓練

火災の多い時期…ではありませんが、本日消火器を使った訓練を行いました。

会社に設置していた消火器が交換の時期ということで、不要となった消火器を使って実際に使用方法を確認してみることに。

防災訓練などで消火器の使用方法を見たことはありましたが、実際に使うのは初めてだったので、少しドキドキしながらいざ噴射!

 

実際に使ってみると、レバーを握ってから薬剤が噴射されるまでに多少時差があることと、噴射の勢いに少し戸惑いましたが、良い経験になりました。

続きを読む 1 コメント

災害派遣実務研修会初級編

  南信防災情報協議会主催の災害派遣実務研修会に参加してきました。

この研修会では、今後の災害派遣に備えるということで、昨今災害現場等で活用されているUAV(ドローン)の基礎知識や操縦方法等について2日間かけて学びました。

 

 

初日は、まず座学でUAVの構造や運用について講習をしていただきました。

続きを読む 1 コメント

残雪

残雪の中央アルプスです。

上伊那でも桜が見ごろを迎える陽気となり、桜を映像におさめようと出かけました。桜並木や公園は花見を楽しむ人がチラホラいる程度。満開には今一つという状況でした。

そこで、残雪の白がクッキリと浮かび上がる中央アルプスの映像を撮ってきました。

広葉樹は、まだ芽吹きが目立たないのですが、しっかりと春を感じることができました。

0 コメント

春の花

我が家の庭でも春の花が咲き始めました。

 

今年は、花が咲くのが早く、梅とサクラが同じ時期に咲き並ぶことになりました。

続きを読む 0 コメント

感謝状

この夏は、各地で豪雨による災害が数多く発生しました。そうした中、広島での災害調査への支援および地元伊那谷での緊急調査に協力させていただきました。これに対し国土交通省中部地方整備局および同天竜川上流河川事務所より感謝状をいただきました。

今回、この作業に出向いた社員にとっては、その目で見て、そこに暮らす人たちの話を聴き、泥と流木の匂いを感じることで、仕事への強い意欲を呼び起こす機会になったと思っています。

やるせない気持ちのままこの年の瀬を迎える被災地の人々のことを察すれば、災害のない地域づくりに関わる私共の仕事は、誇りをもって取り組む仕事だと考えます。

 

0 コメント

国道153号線のトンネル見学会

1130日に伊那市福島において開催されたトンネル見学会に参加しました。

完成後は国道153号線伊那バイパスの一部となる「野底福島トンネル」です。

伊那にお住まいの方は、「福島のアルペンやニトリの近く」なんていうと分かりやすいかもしれません。

 

トンネル入口からは、完成後に接続する道路がすぐ近くに見えます。

続きを読む 1 コメント

UAVを用いた映像データ送受信講習会

1128日に大鹿村で実施されたUAVを用いた映像データ送受信講習会に参加してきました。

内容としては災害時の活用を想定して、UAVの映像データの伝送方法や大規模崩壊斜面のUAVによる撮影方法を確認するというものでした。

 

2班にわかれ、私たちの班はまずUAVの映像データの伝送方法を確認しました。

 

UAVの動画を衛星通信やFacebook等を介してライブ配信することで、現地の状況をリアルタイムで伝えられるというものでした。

 

衛星通信については衛星通信車等の機材がありますので少し敷居が高く感じましたが、Facebookを介したライブ配信は特別な機材等を必要としませんので、Wi-Fiさえ繋がれば簡単に手早く使える方法だなと感じました。

 

続いては大規模崩壊斜面のUAVによる撮影方法を確認しました。

例えば写真のような急斜面についてUAVで三次元計測用の写真を撮影するならばどうするかということで実演を交えて説明していただき、大変参考になりました。

続きを読む 1 コメント