~どこから来て、どこへ向かう~

昭和31年(1956年)に個人の土地家屋調査士事務所として開業したのが、現在の北測の創業となります。

有限会社の時代を経て、株式会社化していく中で、測量業に加え建設コンサルタント業や補償コンサルタント業にも業務分野を拡大してきました。

長野県の地域企業としてこの地域の発展を第一の喜びと捉えて歩んできたのが、私たち北測です。

今後は、新技術の導入で既存分野の業務効率化を目指すことはもちろん、まったく新しい異なる分野への挑戦も計画に入れて、地域の発展に関わっていきたいと考えます。

 

 


業務案内

測 量

測量は土地の持つ様々な情報を図面化する仕事です。

土地の起伏や、道路や川の形状、所有の境界線、上下水道の位置など土地の持つ情報は多岐にわたります。それを一定の基準に従い、UAVレーザー、GPS測量機やトランシット、レベル等を使って計測し図面にします。

大雨時における増水河川の水量計測、交通量調査、雨量観測所の保守点検などの「調査」業務もおこないます。


設 計

道路、河川、下水道、造成地など土地に付随する社会インフラの設計をおこないます。社会インフラは、普段は気にしないで利用している物が多いのではないでしょうか。実は人々が「気にしないで」利用してしまう設計を心掛けています。

3次元CAD、専門の計算ソフトなどを用いて快適な社会インフラを設計します。

 


補 償

公共工事に伴って生じる様々な損失を調査し、その補償額の算定をおこなっています。工事で移転を余儀なくされる建物の移転費用を求めたり、あるいは営業休止しなければならない商店の売上減少分の調査・補償額の算定などを行います。

また公共工事で必要となる土地の面積を求める作業(用地測量)も補償の一部門です。