UAVレーザー測量・地上レーザー測量について

ー 点を、カタチに ー

 

 地形や構造物に向けて器械からレーザー(『点群』)を照射し、跳ね返った点群を器械で取得し、地形や構造物のカタチを『三次元で詳細に再現』することができます。

 上のスライドショーは、UAVレーザー測量と地上レーザー測量を併用して、北測の社屋を再現した様子になります。実物写真→点群再現画像→実物→点群...の順で交互に表示されますので、ぜひ再現度をご覧ください。

 

 「上空からの概要をドローンで、細部を地上型で」と併用することで、スピーディーに、詳細な立体構造まで取得することができます。災害現場等、急を要する測量への対応にも期待できます。