鉄平石

佐久市に測量に行ったとき伊那谷では見られない、鉄平石の岩肌が目を引きましたので撮影してきました。

鉄平石(てっぺいせき)は、長野県の諏訪地方・佐久地方に広く分布する輝石安山岩の板状節理(流れようとする溶岩と地面との摩擦で生ずるひずみによって割れ目ができます。)

このように平たく割れている岩石がよく発達したもので、およそ2,500万年前の火山活動によって形成されていると推測されている。板状に剥がれやすい性質を持ち、2~3cm内外の厚さに剥離(はくり)された鉄平石は、建築用の内装外装用石材として広く利用されています。